坪井 誉幸

ビューティーエシカルリーダーの学びは、
今後の美容人生の大きな財産になる

坪井 誉幸

ビューティーエシカルリーダー
育成プログラム

2023年卒業・1期

ビューティーエシカルリーダー(以下BEL)では、SDGsの時代背景や経緯など全体像を把握し、なぜ個人・サロンがSDGsに取り組む必要があるのか理解し重要性に気づくことができるプログラムです。グループワークを通して共有・発表し、身近な自分ごととしての発見・気づきを得て、課題の洗い出しや施策の検討などを模索します。さらには実際の仕事で行動を起こし、気づきを落とし込み、ゴールに到達できるというものです。

SDGsの取り組みをサロンや個人に落とし込んだときに、どういう関わりが考えられるのか、環境や人に配慮したエシカルな行動・考え方に気づけるのか、そして、自分事としてとらえられるかを問われる期間でした。また、今のZ世代はSDGsの教育を受けて育ち、仕事を通して社会課題の解決に貢献することを望む人が多く、またダイバーシティ&インクルージョンを重視している世代であることを知りました。

障がい者やLGBTQ+を認め受け入れるダイバーシティももちろん大切ですが、人材を活性化させる「インクルージョン」の観点も非常に重要だと思いました。個人やサロンでのSDGsへ貢献するヒントを得られたことは今後の美容人生においても大きな財産になると思います。

仕事へも良い影響がありました。BELで勉強する事により知識が増え、お客様と普段話さなかった会話ができました。SDGsへの関心度、新たな一面や職場でのSDGsへの動きを知る事ができ、より深掘りするきっかけにもなりました。

今後もSDGs推進の掛け声だけにならないよう、意識し取り組み続けます。SDGsについての情報が真っ白な私にも修了時には知識に自信がつくカリキュラムになっています。是非、BELを受講してください、必ず成長できます。

授業風景1 授業風景2
他の学生の声をみる

不確かな時代にこそ、
たしかな技術と感性をみがく
HARAJUKU SCHOOL原宿校

無料説明会はこちら

OFFICIAL SNS