SABFAの想い

美熱

体が内側から熱を発している美容師として「美」を真剣に意識してから微熱がずっと続いているようだ「美」とはいったいなんなのだろう考えれば考えるほど、体は熱を帯びていく「SABFA」は微熱を美熱へ進化させる。

創立30周年を迎えた2016年に、SABFA7代目校長に就任し、責務の重大さに身の引きしまる思いがいたします。SABFAは美を追求できる環境の中で、一流の講師から確かな知識と技術を学ぶことができる世界でも類を見ない最高の学校と確信しています。SABFAの使命は、資生堂が長年培ってきた美容のノウハウをもとに、少人数制による専門教育を行ない、次代を担うプロのヘアメイクアップアーティストを育成し、輩出することです。SABFAは「人」を大切にしています。学生同士、学生と講師、卒業生との交流を活発にしていくためにも、SABFAを美のコミュニティー(同志の集団)として、情報交換や技術交流ができる機能をさらに高めたいと考えています。最新の美の発信基地であり学び舎として、卒業生にとっては気軽に立ち寄れる美の故郷(ふるさと)になる、そんな学校を目指します。これからも、さらに多くの美のプロフェッショナルを育て世に送り出してまいります。感性豊かな人たちの夢の実現を全力で応援していきたいと考えております。

2018年10月
SABFA校長 原田 忠

原田忠

Tadashi Harada

原田忠

(株)資生堂 ビューティークリエイションセンター
資生堂トップヘアメイクアップアーティスト
ビューティークリエーターコース 16期(2000年卒)

2000年3月にSABFAを卒業。同年4月に(株)資生堂入社。男性化粧品ブランド「ウーノ」の宣伝広告や、NY・パリコレクションのバックステージでのヘアメイクアップ活動、またヘアスタイリング剤の商品開発やシーズンヘアの提案に携わるなど活動は多岐にわたる。人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』、『テラフォーマーズ』(集英社)のキャラクターをヘアメイクアップとファッションで3次元化するなど、ヘアメイク表現における無限の可能性に挑戦・発信し続けている。
2004年と2012年にJHAグランプリを受賞。
著書:『原田忠全部』 女性モード社
   『一流の男のボディケア』PHP研究所